指導システム

宮沢塾は自分のペースで学びたいわからないところを質問できる環境がほしいという生徒のための塾です。

 

成績向上のために以下の取り組みをしています。

成績向上のための3つの取り組み

・学校ワークの繰り返し

・担当先生による演習量管理

・自習時間の確保

 

学校ワークの繰り返し


定期試験の成績は学校から配布される所定のワークを繰り返し実施することで向上します。「わかる」と「解ける」の間には大きな差があり、定期テスト本番で良い点数を取るために必要な演習量を勉強することは非常に大変なことです。

必然的に授業は演習が中心となり、わからないところの指導や進度のチェックを担当の先生が行います。

担当先生による演習量管理

担当の先生が計画を立て、テストまでに実施すべき演習量を把握して指導します。授業以外での演習に関しても何をやるか決め、テスト日までにやり切ることを目標として取り組みます。

 

自習の時に何をするかも決めるので授業がない日でも迷わず演習を開始することができ、わからないところは自習担当の先生にいつでも質問することができます。

自習時間の確保

成績向上には学校ワークの繰り返し学習が必要ですが、時間を確保することは非常に難しいのが現状です。

 

週に一回数学の授業を受けることになったと考えてみましょう。この場合、入塾前と比べて1週間に90分だけ学習時間が長くなりますが、たった90分です。この勉強量だと成績の向上は難しいです。

 

学習時間の不足の問題を解決するために宮沢塾では自習はいつでも可能としており、頻繁に自習に誘います。テスト前は日曜日の演習強化日程を組みます。

体験授業はお電話にて!