岩手高校、中学校の偏差値、倍率、受験方法、進学実績などを徹底解説!


特徴

男子校

大正15年(1926年)創立で、約100年にわたる伝統ある高校の一つです。岩手県内唯一の男子校であり、校則が緩いという噂もありますが、文武両道を重んじており、ICTやアクティブラーニングを意識した学習に取り組む一方で、部活動にも力を入れています。

部活動

部活動の実績は県内でも随一です!

中高一貫コースや学力・部活動特待制度、奨学金制度など、学校として様々な支援体制を整えています。

イベント

学校生活の中で大きなイベントである体育祭が年に2回あり、毎年大盛り上がりするようです!

男子校ということもあり、イベントや体育祭などでは、男子校ならではの盛り上がり方を楽しめるのではないでしょうか。

文武両道

文武両道、勉強と部活動のどちらにも力を入れている伝統校です。長期休暇中に行われる勉強の様々な手厚いサポートも強みです。

各学科・コース

中学校: 中高一貫コース SSコース

公立中学校標準授業数に比べて、主要科目授業数が多く割り振られています!

高校からは、総合進学コースと特別進学コースに分かれます。

部活動では6年間一貫した指導を受けることができ、高校生の練習も生で見ることができます。

高校: 総合進学コース

大学や専門学校、就職など、幅広い進路に対応しています。

大学進学に向けた選択クラスを設けており、成績や希望により、特別進学コースへ編入することもできます。

(2年進級時)2年生以降は、面接指導や進路指導を行います。

高校: 特別進学コース

国公立大や難関私大を目指します。隔週土曜に講習があり、長期休暇中も学習合宿や特別講習が予定されています。

夏期休暇中に英語イマジネーションキャンプという、ネイティヴの教師による少人数グループでの英語体験合宿を行なっています。長期休暇中に大学入試対策や二次対策講習を行います。放課後には個人添削も行っています。

総合進学コース・特別進学コースはそれぞれキャンパススケジュールも異なります。例えば特別進学コースでは16:30~19:00まで放課後学習時間が設けられており自習形式での学習が促されています。

偏差値・倍率

偏差値

岩手高校と岩手中学校の偏差値は以下の通りです。

普通科特別進学コース 55
普通科総合進学コース 42
岩手中学校 49

倍率

岩手高校の倍率は私立高校のため不明です。

卒業後の進路

約5割が大学・短大へ入学し、毎年10人前後国公立大へ入学しています。4割が各種専門学校へ入学しています。1割が就職しています(岩手県警、自衛隊、民間企業など)

明治、同志社、岩手医大などの私立大学への指定校推薦があるのも大きな特徴です!

以下に記載している進学先は主な進学先のため、全て記載はしていません。

国公立大学

国公立大学への進学者は全て県内の大学でした。例年10名前後が国公立へ進学していますが、2021年3月は3名のみとなっています。

国公立大学への進学を考えている場合は不安ですね。理系の学部が人気があるのでしょうか?

学校名 2021年3年
岩手大学(理工) 1
岩手県立大学(ソフトウェア) 2

私立大学

早稲田大学をはじめ関東圏の私立大学への進学者もいます。

盛岡大学や東北学院大学への進学者が多いです。

関西への進学者もいますが、立命館大学は将棋での推薦でしょうか?この辺りどのような入試方法か気になるところです。

学校名 2021年3年
早稲田大学(文化構想) 1
明治大学(文・法) 3
青山学院大学(理工) 2
立教大学(文) 1
中央大学(文・理工) 3
法政大学(理工・生命科学) 4
同志社大学(法・経済) 2
岩手医科大学(歯) 1
盛岡大学(文) 15
富士大学(経済) 9
東北学院大学(文・法・経済・経営・教養・工) 11
東北工業大学(工・ライフデザイン) 5
東北福祉大学(総合マネジメント・総合福祉・健康科学) 6
駒沢大学(文・経済) 2
日本大学(文理・工・理工) 6
神奈川大学(法・経済・経営・工) 4
立命館大学(経営) 1

アクセス

 盛岡の市街地を貫く中央通りに面しており、盛岡駅へは徒歩15分ほどで着くことができます。アクセスの良さは他の学校と比べても引けを取らないでしょう。また、岩手大学が近いのも特徴です。

〒020-0062
岩手県盛岡市長田町7番60号
TEL 019-624-4445
FAX 019-651-3454

参考

岩手高校合格に向けて宮沢塾で一緒に勉強しよう!

 

体験授業はお電話にて!