令和2年度(2020年度)の岩手県の国公立高校の調整後倍率まとめ


令和2年度(2020年度)の岩手県の公立高校の倍率(調整後)が発表されました!

2020年度は、調整前後でそれほど大きな変動はありませんでした。盛岡市立高校の商業科は増加しましたが、調整前の倍率が例年に比べ低かったため、調整で志望者が増加しました。普通コースの倍率が高かったため、普通コースから商業科への移動もあったと見れます。

1.3倍や1.4倍はありますが、高倍率と言われる1.5倍の高校はありませんでした。(一関高専は高かったですが!)一方で、盛岡農業や盛岡工業は少し少ないですね….

倍率は非常に大切なので倍率を把握しつつ、本番で自分の力を出せるように残り少ない期間ですが精一杯準備しましょう!

 

学校名 学科 学科・学系・コース 実質定員 調整前志願者数 調整前実質倍率 調整後志願者数  調整後実質倍率
盛岡第一 普通・理数 普通・理数 251 293 1.17 293 1.17
盛岡第二 普通 普通科 180 187 1.04 194 1.08
盛岡第三 普通 普通科 252 363 1.44 349 1.38
盛岡第四 普通 普通科 216 286 1.32 281 1.30 
盛岡北 普通 普通科 179 248 1.39 250 1.40 
盛岡南 普通 普通科 144 143 0.99 145 1.01 
体育コース 19 24 1.26 23 1.21 
体育 体育科 22 18 0.82 19 0.86
不来方 普通 人文・理数 144 195 1.35 194  1.35 
 芸術 24 24 1.00 25 1.04 
外国語 36 29 0.81 32 0.89 
体育 20 13 0.65 13 0.65 
盛岡農業 農業 動物科学科 33 28 0.85 28  0.85
植物科学科 37 19 0.51 19 0.51
食品科学科 35 34 0.97 34 0.97
人間科学科 34 23 0.68 23 0.68 
環境科学科 37 28 0.76 28  0.76
盛岡工業 工業 機械科 37 22 0.59 23 0.62 
電気科 37 17 0.46  19 0.51 
電子情報科 38 31 0.82  31 0.82 
電子機械科 37 30 0.81  31 0.84 
工業化学科 36 12 0.33 12  0.33 
土木科 35 31 0.89 31 0.89 
建築・デザイン科 35 31 0.89 45  1.29 
盛岡商業 商業 流通ビジネス科 68 85 1.25 82 1.21 
会計ビジネス科 68 78 1.15 81 1.19 
情報ビジネス科 67 98 1.46 91  1.36 
盛岡市立 普通科 特別進学コース 17 7 0.41 10 0.59
普通コース 98 138 1.41  127 1.30
商業科 商業科 42 50 1.19 59  1.40
一関高専 未来創造工学科 未来創造工学科 80 130 1.63  調整なし 調整なし

 

(出典:岩手県教育委員会市立高校ホームページ一関高専ホームページ

 

一関高専の倍率の計算方法に関しては、令和2年度(2020年度)の岩手県の公立高校の調整前倍率まとめをご覧ください。